Living in Spring

人は、永遠に動き続けられても、不変ではいられない

今作は「小説家になろう」に掲載している僕の作品

「止まれなくても、またそばに」を原作としています。

原作に対しては、個人的に思い入れと傷の両方を持っています。

自信は盲信を呼ぶらしく、書きあげた時にはよくできたと思っていたのですが

それまでよりも評価は芳しくなく、当時はとても落ち込みました。

今回、原作として振り返る機会がありましたが

今になって読んでみれば拙さもいくらか見えてきました。

今作は、ほんの少しだけですが、僕にとっては挽回を願った作品となっています。

まだ拙さはたくさん残っていて、僕には見えていないだけであるはずなので

ぜひプレイ後は感想や批評をお聞かせください。

 

2017年8月3日 雪原たかし

 

 

続くこと、続けること、続けられること

本作はノベル版「春に生きれば」のダウンロード数200到達の記念作品として製作しました。

ノベル版からなにを変えてなにを変えないのかを悩み続け

結局は決断したようなしていないような……

とはいえ、個人的には初の有料作品ということで、できる限りのことをしたとは思っています。

物語の世界が現実となってゆくこと。僕はそれを求めて物語を書いています。

声が届くことでその現実が広く深く鮮やかになるのであれば

僕の今回の願望は満たされるでしょう。

冷酷な春であっても、誰かの心に現実として響きますように…………

 

2019年5月10日 雪原たかし